会社案内

家づくりへの思い

小さいころ私は父の仕事は大工だと思っていました。

 

庭には材木が置いてあることもあり、お父さんはきっとこういうお仕事をしているんだろうな~と何となく思っていたのを覚えています。

小学校の頃、父の車に乗せられてよく分譲地や建築現場を見に行きました。

そこにはいつも「むぎくら」と書かれたのぼりがたっており、ある日両親に「ねえ、むぎくらって有名なの?」と聞いて大笑いされたのを覚えています。

自分の名字でしたが、なぜ旗に書かれているのかが不思議だったんですよね。

小さいころは、父方の祖父母、曾祖母、父の兄弟と大家族で育ちました。

一番多い時は総勢12名。それだけいると夕食も激戦でしたね。大体おかずは二品、そのうちの一品は冷奴。毎日ワイワイガヤガヤしながら食事をしていました。

そして私が小学校5年生の時に父が家を建てました。

自分の部屋のクロスやカーテン、それにトイレやお風呂の色なども私が決めていいと言われ、ワクワクしながら選びました。

そして完成。新築の家は新しくて広くてきれいで、とっても嬉しかったのを覚えています。

ただ、それまではおじいちゃんもおばあちゃんも一緒でしたが、それからは両親と兄弟だけ。

そして両親は毎日10時過ぎにならないと帰ってこない日々が続きました。

毎日の夕食は私が作り、後片付けは兄と弟が担当。お風呂掃除なども当番制でした。

両親がいない分、友達とはたくさん遊びましたが、家族がそろって家にいたり食事をとったりした記憶はあまりありません。

その時はあまり感じませんでしたが、今自分が親になって、子供と過ごす時間が少ないことにとても罪悪感があります。私の母も同じような気持ちを持っていたのかな・・・と考えます。

今もどうしたって子供と接する時間は少なく、一緒にいられても食事作りや部屋の片づけなどに追われ、宿題をゆっくり見てあげることもままなりません。

それでも出来る限り一緒にいられる時間は子供と接していたい。

そこで考えました・・・

 

何とか働くパパやママの為に優れた環境の家を造れないか?

 

「衣食住」と言いますが、本当にどれも大切なものだと思います。

洋服は大切に着れば人から人へと送ることが出来、毎日の美味しいご飯は体も心も育ててくれます。

そしてそれをつなぐのが「家」。

むぎくらは家族が毎日を楽しくゆったりと過ごせるような心の環境を育てられる家づくりをしていきたいと、日々奮闘しています。

 

娘に健康で育ってほしい

息子に安心して育ってほしい

子供たちと一緒に毎日心地よく生活したい

 

かっこよさや充実した設備はもちろん、冬も暖かく、夏も涼しい、心地よい家。

家族の会話が弾み、食事が美味しく、いつでもリラックスができ、ぐっすりと眠れる。

そんな家族みんなが快適で仲良く暮らせる家づくりを目指しています。



社長ブログ yuzunoki kitchen

会社概要

商号 株式会社むぎくら
本社所在地 栃木県宇都宮市上戸祭町3021番地7
電話番号 028-643-2331
会社設立 昭和29年(1954年)10月
代表取締役 手塚 きぬよ
資本金 13,500千円
宅地建物取引業 栃木県知事免許(13)第883号
建設業 栃木県知事許可(般26)第16373号
会員 (社)栃木県宅地建物取引業協会会員
(社)全国宅地建物取引業保証協会栃木本部会員
(社)首都圏公正取引協議会加盟事業者
従業員数 43名
事業内容 戸建住宅の開発・設計・施工・販売
注文住宅の設計・施工
ほか 不動産流通に関する業務
取引銀行 足利銀行宇都宮中央支店
栃木銀行本店
みずほ銀行宇都宮支店
決期 8月31日
ZEH目標について 2020年までに以下の目標を掲げ、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に努めてまいります。
2018年度:44% 2019年度:47% 2020年度:50%
ZEH実績報告 2017年度 ZEH受注率5% Nearly ZEH26% ZEH、Nearly ZEH合計31% その他の受託率 69% 合計100%

会社沿革

昭和29年 宇都宮オリオン通りに衣料百貨店を開業
昭和48年 戸建住宅の建築と不動産業に業務転換
昭和61年 自己所有ビル・マンションの賃貸業を開始
平成6年1月 外環状線上戸祭町の現在地に本社を新築移転
平成8年1月 不動産課設立
平成11年9月 MGホーム課設立
平成13年9月 MGツーバイホーム課設立


 

CATEGORY