会社概要 PROFILE

会社概要
PROFILE

名 称
株式会社むぎくら
所在地
〒320-0051
栃木県宇都宮市上戸祭町3007番地22
TEL
028-643-2331(代表)
FAX
028-643-2329
営業時間
9:00〜18:00
定休日
無休(年末年始・GW・夏季休暇を除く)
創 業
昭和29年(1954年)10月
設 立
昭和36年(1961年)4月
代表取締役
手塚 きぬよ
資本金
13,500千円
従業員
43名(2019年8月現在)
資格保有者
一級建築士 4名
二級建築士 11名
宅地建物取引士 10名
事業内容
注文住宅事業
分譲住宅事業
土地分譲事業
リフォーム事業
不動産仲介事業
不動産買取事業
不動産賃貸事業
免 許
栃木県知事免許(13)第883号
栃木県知事許可(般26)第16373号
会 員
(公社)栃木県宅地建物取引業協会会員
(公社)全国宅地建物取引業保証協会栃木本部会員
(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟事業者
取引銀行
足利銀行宇都宮中央支店
栃木銀行本店
みずほ銀行宇都宮支店
群馬銀行宇都宮支店
常陽銀行宇都宮支店
決算期
8月31日
事業エリア
栃木県全域

沿 革
OUTLINE

1954年(S29年)
宇都宮オリオン通りに衣料百貨店を開業
1973年(S48年)
戸建住宅の建築・不動産業に業務転換
1973年(S48年)
第一棟目の建売住宅着工
1978年(S53年)
協力業者会「麦親会」発足
1979年(S54年)
引渡累計棟数100棟
1986年(S61年)
ビル・マンション賃貸業を開始
1993年(H 5年)
引渡累計棟数500棟
1994年(H 6年)
外環状線上戸祭町に本社を新築移転
1999年(H11年)
新ブランド「MGホーム」スタート(在来工法)
2001年(H13年)
新ブランド「ツーバイホーム」スタート(2×4工法)
2002年(H14年)
引渡累計棟数1000棟
2006年(H18年)
現社長就任
2012年(H24年)
引渡累計棟数2000棟
2016年(H28年)
第一回お客様感謝祭「むぎフェス」開催
2017年(H29年)
株式会社丸和住宅様と業務提携
2018年(H30年)
栃木準備室開設(栃木市)
2019年(H31年)
企業ロゴ変更

むぎくらの歴史
HISTORY

昭和29年、デパートの
開店により誕生した
株式会社むぎくらの歴史。

  • 1954年(昭和29年)

    デパートむぎくら

    昭和29年、敗戦のダメージが癒え、日本が高度成長期に入り始めたその年、私の祖父である麦倉正康が宇都宮市内オリオン通りに衣料品百貨店を開店しました。それがむぎくらの誕生です。宇都宮に長く住む方々は、むぎくらと聞くと、住宅よりもデパートを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。当時をよく知る方は、「むぎくらは素敵なデパートだった。おしゃれな階段があって、そこからお店全体が見渡せて、大好きなデパートだった。」そう仰っていただきます。

    しかし、そんな人々から愛されたデパートも昭和46年に閉店。
    そして昭和48年…正康の長男 麦倉敬亮は
    「サラリーマンでも取得できる住宅をつくる」
    を、新たなむぎくらのヴィジョンに掲げ、不動産と住宅事業へと乗り出します。

  • 1973年(昭和48年)

    不動産・住宅事業スタート

    敬亮は、父親が経営する百貨店で働きながら「サラリーマンでも手が届く価値ある住宅を提供したい」という思いを胸に、猛勉強の末、宅地建物取引主任者を取得。新生むぎくらでの専務取締役として、実質、たった一人で不動産業をスタートさせます。しかし、その船出は大変厳しく、オイルショックなどの影響もあり、仕入れがうまくいかず、また、実績がない会社は資金繰りにも難航するなど、思いとは裏腹に大変な状況が続きました。

    そんな中でもようやく1~1年半の間に12棟の住宅をお引渡しますが、その家は手直しが30か所以上も発生。とても満足のいく住宅とは言えなかったそうです…。「その時のお客様の憤りや冷ややかな視線は忘れることができない…。このままでは自分の思いは途絶えてしまう…。」敬亮は、そう思い、昭和50年に工務店発注から直営に切り替えることを決意。工期や仕上がりでお客様にご迷惑をおかけしたこの教訓は、改めて、
    「工期・仕上り・コスト」
    の3つの精度を上げることの大切さを決意させます。

    どれか一つでも抜け落ちては、お客様に喜んでいただく家は建てられない…との強い意志で、毎月協力業者約50社を集め、工程会議を実施。協力業者と自分の思いとの考えの違いを必死で埋め続けました。この後、約5~6年の努力が会社の基盤をつくり、それからは、本当に業者さん方の支援と協力のおかげで、会社は着実に成長したそうです。

    昭和57年、第二次オイルショックの影響で地価が高騰。地主さんの売り渋りなどもあり、同業分譲業者は徐々に少なくなっていく中、それでもむぎくらは粘り強く事業を続け、お陰様で成長することが出来ました。

    そして翌昭和58年には、3名で年間30棟を引渡し、着工棟数も急増。
    「お客様に約束通りの建物を引き渡す!基本をずらしてまで商売はやらない!」
    という思いで、効率よりも品質を重視した家づくりに徹します。

  • 1999年(平成11年)

    MGホーム

    その後も順調に業績を伸ばす中、将来的な土地の減少に備え、建物で勝負していくために、平成11年新プロジェクトを立ち上げます。徹底的な他社調査、お客様との丁寧なコミュニケーションの実践により、新たなプラン、仕様、価格を設定。

    更に、その後約1年をかけて、新ブランド「MGホーム」を立ち上げます。この「MGホーム」は、プラン価格の中にお客様が必要とする住宅設備以上のものを兼ね揃え、かつ他社よりも10%以上の価格競争力を持つフル装備+高付加価値の規格住宅をコンセプトとしてスタート。

    「自分たちの創り出した商品は、絶対お客様に喜んでいただける」と信じて進めた「MGホーム」はその後、沢山のお客様に受け入れられ、その後のむぎくらの成長の大きなけん引役を果たします。

  • それから10余年

    創業時4棟でスタートした不動産事業は年間100棟以上受注頂けるまでに成長させて頂きました。創業時にむぎくらが、その背中を追いかけていた同業他社の中には、時代の流れの中で廃業したり、名前やオーナーが変わり、気づいたら、この半世紀、宇都宮市内で同一名称・同一オーナーで事業を継続している住宅事業者は弊社「むぎくら」1社のみとなりました。

    現在は、父 敬亮からバトンを受け継ぎ、娘の手塚きぬよが
    むぎくらの信念でもある「より良い物をより安く」
    の基本方針を根幹に、家族の会話が弾み、食事が美味しく、いつでもリラックスができ、ぐっすりと眠れる、家族みんなが快適で仲良く暮らせる家づくりを目指して奮闘しています。

    これからも多くのお客様や地域の方々のお役にたてるように努めてまいります。

本社所在地
ACCESS

〒320-0051
栃木県宇都宮市上戸祭町3007番地22 
TEL.028-643-2331
営業時間/9:00〜18:00 
無休(年末年始・GW・夏期休暇を除く)